12月25日の私が3月11日の私を知ってた件。

大阪大学で催されている展覧会に来ました。

自分の歌う姿を大きなスクリーンで見て、自分じゃないみたい。

自分は映されているその目から世界を見てるから。

⭐︎撮影禁止なので、入口を!

不思議なもので、あの表情をして、あの表現をして、という時に

3月11日にこっちの世界から観客として見ている自分が

12月25日に映像の中で歌っている自分の頭の中身や

その瞬間の気持ちの連続を

はっきりと理解している。

12月25日の丸谷の歌、リアルタイムで表現の内容を把握する観客。

それが3月11日の私。

そして、12月25日の大きなスクリーンに映った私は、

3月11日の私の目を見て歌い、語りかける時がある。

ありえないのだけど、

12月25日の私は、3月11日の私を、心のどこかで知っていたのか、

と思うような眼差し。

私は私だけど、私じゃない。

すごく、不思議な世界でした。

等身大の自分が歌うのを見るのは。

あの瞬間の連続、私の目が見た世界は私だけの脳の記憶なのに。

辺り前だけど、ある意味衝撃。

⭐︎併設のカフェ。大学構内なのにオシャレ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる