ブログ

カテゴリ「 コンサート 」の一覧

まさか、これもオフィーリアの歌?

2020.03.24. | 


今翻訳している曲なんですが

ド直訳で見ると「死んだ男の親指」って一体何よ?
と20年前の私は思ったでしょうが
いやー歌手として翻訳し続けてもう
いい加減ピンとくる年月が経ちました。

このアルファベットの文字面から
この時代背景から

多分、お花の名前だろうと。



そしてそれはきっと、素朴な野のお花系の気がする。

って事は
シェイクスピアも絡んでるよな。



というバックグランド想像しながら翻訳していたら



この歌詞、
若干シチュエーションは違えども
シェイクスピアのハムレットの
恋人オフィーリアが絶望して
気が狂っていくシーンの歌そのものだわ…



と感じ、ハムレットの4幕、第七場を読み返してみると

ビンゴー!


“Our cold maids do Dead Men’s Fingers call them.

日本語訳は
貞淑な娘たちは死者の指と呼んでいます。 


はい。

英語の古語→現代へのリレーや

裏付けに1、2時間時間を取りましたが
今回は見事に全て、プロセスの予想は大当たりでした。


最終的な学術的な検証は専門家でないと不可能な領域だし
(それでも「絶対」はないと思いますが)


私は論文を書くわけではないので
音楽家としては、この路線だな。ニヤリ。
のところで
ネタは揃ったので

あとはじっくり立体的な音楽を想像して
楽しんで
足したり引いたり伸ばしたり縮めたり
あらゆる感覚を使って
音楽へ息を吹き込みます。



このプロセスをうまく踏んで翻訳できるかどうかで
お客様に届く
音楽の運命(印象、テンポ、カラーなど)
ガラリと変わるので

結構ドキドキで真剣な翻訳タイムですが


知らないことを知る事は
私にとっては幸せであり、精神の自由であり、生きる事なので
たった一言の翻訳の裏付けに数時間を費やしても
それが、非効率的であっても

音楽家としては、そのほうが大事な気がするのです。
ので、私はやります。


という 感じで!


基本私は超怠け者のめんどくさがり屋ですが
最後に全部やり直すのは、
3周回ってスタートに戻るくらい、究極にめんどくさいので
最初に集中します。


夢中でその周辺を調べたり、吸収するので

結局練習不足になり
リハーサルに間に合わんぞーっ!て
脳みそが危険信号出して
飛行機に乗り遅れる悪夢にうなされたりします。




この歌、

5月17日(日)
13;30
 豊中市の登録文化財 
旧羽室家住宅
(きゅうはむろけじゅうたく) 
所在地 :豊中市曽根西町4丁目4番15号 

で歌います。

共演は
リュートの佐野健二さんです。


入場無料の特別企画なので
(詳細がまだ確認できていないので)

ご興味ある方は丸谷までお問い合わせくださいね!









 映画が何倍も楽しくなる音楽文化講座Vol.5〜ふたりの女王〜

来たる2月7日(金)19時より
セレンディ-ラボ淀屋橋さんで講座!

ただいま絶賛ネタ仕込み中。
コツコツ毎日。
太陽、拝んでないし、もう3日も外出していない
完全オタク状態。

今回は脱線ネタをどんな風に盛り込もうかな。という方向で
大分固まってきました。


その1「カツラ」 ネタ 
ちょんまげの方向へも行ってみたかったけど、今回は西洋に特化。
ということで、グイグイ深掘りしたらエジプトまで行ってしまった。

ルネサンスの音楽文化講座かよ…と言われても、もういいの。
面白ければ!

あとはシェイクスピア、「バイセクシュアル」説。
まあまあ、そういう文化とは切り離せないこの時代。

結局芸術って感受性が豊かでないとできない職業だから
そういう人多かったみたい。

音楽文化講座なので、お上品にお伝えしたいと思います。
おほほほほ…

お楽しみに!





お問い合わせは
丸谷かセレンディ〜ラボさんへ!

https://www.facebook.com/events/456728241859695/permalink/533447787521073/


いにしえのクリスマスのうた

2019.12.09. | 

昨日ポンテヴェッキオさんで歌ってきました。


朝11;30 から歌いましたが、夜型の私でも昔よりは楽に。
やっぱり寄る年波のせいでしょうか?

いや、雰囲気が良い、ということもあったと思いました。

それもそのはず、この企画のご本人は私の友人で、
ポンテさんの各店舗にずっとお花の生け込みをなさっている方。

共演はリュート奏者の小出智子さん。

そして、暖かな友人のお客様、私と彼女の共通のお友達の皆様。

暖かい会にお招き頂き本当に幸せです。
有り難うございました!

そしてポンテさんのお料理の美味しいこと!

幸せな1日でした。


クリスマススワッグと美味しいランチの会

2019.11.21. | 

12月8日11:30ー
ポンテヴェッキオさんで生け込みを担当している
華nonの島さんのイヴェントがあります。

私は色々な国のクリスマスソングを歌います。

レアで素敵な曲ばかりチョイスしました。

お食事の後のスワッグ作りも、とっても楽しみ!

皆さま、素敵な時間をご一緒しましょう♡

お申し込みは
丸谷へお伝えいただいても大丈夫です!

映画が何倍も楽しくなる「ルネサンス音楽文化講座Vol.5」

セレンディさんが一生懸命作ってくださったチラシ、
データがうまく載せられなかったので、
FB上の記事をコピペしました。

皆様のお越しをお待ちしております!

さて、頑張らねば。

*************

||| 第2回*ピックアップ映画 |||
「ふたりの女王  メアリーとエリザベス」

イギリスのルネサンス時代を紐解く、
音楽文化講座の第2弾!
講師の丸谷先生(ソプラノ歌手)が歌う歌は、
まさにこの映画の時代♪
イギリス在住時代から培ってきた情報をお伝えします。

今回のピックアップ作品は・・・
シアーシャ・ローナン×マーゴット・ロビー主演
「ふたりの女王メアリーとエリザベス」。
丸谷先生の今年イチオシ映画です♡
この作品とっても素晴らしいのだけど・・・少し分かりにくい。難しい。。。とのウワサ(>_<)
いえいえ!背景がわかれば、実はとても簡単なのです!

その他、この時代のヨーロッパ映画、現代までのイギリス映画(007まで♡)「え!? ホント? なるほど!!」を沢山、皆さまへお届けします。

皆様の映画ライフが一層楽しいものになります様に^.^

<日程>
11月20日(水) 19:00~21:00

<受講料>
4,400円(税込)
※ドリンク付(アルコールも?)

<キャンセルポリシー>
ご予約後のキャンセルはご遠慮ください。
11月13日(水)以降のキャンセルは、キャンセル料50%が発生いたしますので予めご了承くださいませ。※ご予約完了後、コメントやご連絡なく無断キャンセルをされた場合もキャンセル料を頂戴いたします。

<参加方法>
いずれかの方法でお願いいたします。
① 本イベントページの参加ボタンを押し、参加の旨コメントを投稿してください。(コメントがない場合はご受講出来かねます)
② 下記の連絡先までご予約ください。
※ご氏名・ご連絡先(携帯番号)をご明記ください
Tel: 06-6484-7766
E-mail: sitemaster@serendylabo.jp

<持ち物>
・筆記用具

<開催場所>
セレンディーラボ淀屋橋
http://serendylabo.jp/
大阪府大阪市中央区北浜4-1-1 石原ビルディング2F
※「淀屋橋駅」3番出口上がって数秒!(1階が時計屋さんのレトロビルです)

お申し込みは、セレンディーラボさんか、丸谷までどうぞ!

<講師>
丸谷晶子
英国・トリニティ音楽大学院にて古楽声楽を専攻、ディプロマを得て終了。
ロンドン・日本にてソロリサイタル、音楽祭等に出演。
エラキドニーコンクール2位。中世・ルネサンス・バロック音楽を中心にこれまでにない手法でアイルランドの伝承音楽、イギリス現代曲にも取り組む。
“五感を愉しみ、心地よい透明感が心を揺り動かす音楽”と称される。
多彩なレパートリーと共に、演劇、朗読、絵画、アロマ(芳香浴)等と共に全国各地で演奏活動を展開。ラジオ・テレビ出演、コラム執筆、ホール主催公演、学会、レクチャーコンサート『イギリス音楽の旅』等で、様々な美しい「歌の世界」を紹介している。アヴァロン音楽教室主宰。
大阪音楽大学付属音楽院講師。
公式ホームページ→http://musicavalon.com

おとぎばこ2020 * 1/18土* 14;30 17;00 19;30 の三回公演です!

2019.11.03. | 

2020年度のコンサートのご案内です!

1月18日、1日3公演、各20名様限定です。
曲目は30数曲用意しますので、その中からお客様の顔を見て
それぞれに、その回毎に合う様な曲を
その場でピックアップしようかな、と。

おまけに、後半では
双六か、マジックかで、お客様に曲を選んで頂く
リクエスト大会もいいね〜とか
リハがまだ始まっていないのを良い事に
とんでもない事をミーティングしました。

まあ、結構(演奏者にとっては、修行の様な…)すごい試み!
初の試みであることは間違いありません。

新春だしね♪
今までと違う事をしてみたくなりました。

暖かな内容にしたいと思います。



Part 1、2では、美味し〜い「神戸・レーブドゥシェフ」さんのケーキを
サンプルを見せて頂いたんですけど、全部美味しそうで…♡
思わず「全種類食べたいです!」とか言ってしまいました。

あ、生クリームだめ、とかいう方いらしたら、ご相談くださいね。
チーズケーキなどもご用意できます。



Part3 では、イタリアンの前菜をケータリング!
いやーもう、これも美味しそうで♡


両方、自腹で代金をお支払いして
私の分もオーダーしようかと思ってる位です。

歌う前は食べれないけど、終わって一気に行こうかと。ふふふ。


という事で!

オーダーの関係もありますし、
1公演20名様限定という、非常にクローズなミニライブ。

どうぞお席のご予約はお早めに!

出来る限りの対応をさせて戴きます。

am@musicavalon.com
070-6689-1188





ページトップボタン