ブログ

カテゴリ「 blog 」の一覧

2/13 ヴァレンタイン直前「音楽文化」講座! 「エリザベス1世が愛した男たち」

2019.01.09. | 

セレンディーラボで音楽文化講座をします。 嬉しいな♪

2/13はヴァレンタイン直前だし!
450年前の
「英国王室恋愛事情」と「庶民の娘の恋愛事情」と
かなり突っ込んでお話ししようかと思います。

もちろん、音楽も忘れずに♪

と言う事で、
セレンディさんと打ち合わせをしたところ
ヴァレンタイン企画なので女子限定となりまして

美味しい「イギリス風スコーン」と

最近の日本のスコーンは本当に美味しいのだけど、
イギリスのとは違うんですね〜

やっぱり紅茶は「フォートナム&メイソン」!

を頂きながらの講座となります。

大体の内容は決まったけど、
講座の形態にこれから練ってゆきます。

リサーチ三昧の日々になりそうだなあ。

楽しみです!

*****

16世紀。
イギリス黄金時代の稀有な女王、エリザベス1世。
そしてロンドンを生きる娘たち。

どんな風に恋をして結婚したの?
ファッション、メイクは?
仕事は?

音楽だって
恋愛だって
仕事だって
ライフスタイルだって

450年前のイギリスは今よりもっと過激。
シンプルでワイルド、時にとてつもなく優雅。

あなたの知らない「秘密」のイギリス。
当時の音楽・絵画から謎を解き、お愉しみ頂きます。

******

\女性限定/
エリザベス1世が愛した男たち
~ルネサンス音楽×イギリス文化講座~
講師:丸谷晶子 アヴァロン音楽教室主宰 大阪音楽大学付属音楽院講師
受講料:5,400円(税込) ※イングリッシュスコーンとフォートナムメイソンの紅茶付き

******
2月13日(水)
19:00~21:00
淀屋橋セレンディーラボ


youtube ① can she excuse my wrongs? 彼女は僕の過ちを許してくれるだろうか?

2019.01.07. | 

アップするのを忘れておりました。

この曲はめったに間違えないのですが、一箇所ミスりました…

CDでは自分で許しませんが
これはライヴ映像なので
ミスもパッションのうちと考えました。

と言う訳で、その他にも、一切の修正は加えていません。



さて、丸谷の超簡単一言シリーズ。
簡素化しすぎて
「ほんと、そのまんま…」と評判の。

あの膨大な歌詞の量を1行にはできないのに
まとめなきゃいけない時に
やっちゃう荒技ですが


一言で言うと
「ルネサンス期の稀有な女王、エリザベス1世に
あーだこーだと甘え腐って文句を言っている歌です!」



詳しい内容、背景、この歌の隠された面白いストーリーに
ご興味を持たれましたら
ぜひ、

2019年2月13日の音楽文化講座
「エリザベス1世が愛した男たち」

へお越しください。
あれもーこれもー
歌にまつわる色んな裏話を致します!


では講座でもお話しする
愛憎に満ち満ちた(笑)美しい歌の世界を
お楽しみください!


Can she excuse my wrongs?   /    J.Dowland
彼女は僕の過ちを許してくれるだろうか?  /  J. ダウランド

ページトップボタン