ブログ

カテゴリ「 blog 」の一覧

まるのへや。ふかふか&あっさりなふたり。 Vol,4

タオルは白が好きです。
ドレスや、衣装系のワンピは、色鮮やかなものが多く
楽しい。

なので、家は色の洪水にはしたくなくて。
白、黒、緑(葉っぱたち)がベースです。

それに差し色を入れるくらい。


大好きなことは

夏、冬と、季節に合わせてタオルをチェンジすること。
絶賛愛用中なのが、今治タオル。

左が夏用のサラッとタイプ。
右が冬用のフカフカタイプ。

夏のサラッっと具合に「はあ〜♪」
冬のフカフカちゃんに「ほお〜♫」

と毎日言っています。
こういう小さな幸せがたまりません。

まるのへや。誘惑のお布団 Vol .3


やってしまった…最高の組み合わせではないですか!
もう、自分でびっくり。
腰痛の方、肩こりの方、安眠したい方、高級ホテル並みの寝心地でございます。

まず、こちらを土台に。
フォールドエアー FD-110 シングル フランスベッド マットレス 圧縮 コンパクト 折りたためる 日本製 1年保証 






さすが、フランスベッド。
やっぱり、フランスベッド。


その上にこちらを乗っけてね!
ブレスエアー ネオ 三つ折り敷布団。

私の体には、どちらか一つでは、体が痛かったです。
畳などへ直接置くのなら、良いのかも。
私はベットなので、2つ重ねが最高♪ でした!



通気性が良く、洗える、というのが、ポイント。

 

リンクがうまく貼れませんが
どちらとも、
アマゾン、yahoo、楽天で検索すればすぐ出てきますよ♪

まるのへや。青春にやっておけば良かったな的なこと。Vol.2

夏が来たらヘビロテ〜♪
スコットの声が良いし。

私こういうキャラじゃないけど・・
学生時代に、こんな遊びもしたら良かったなーって思ったりしたけど
その前に、イギリスでは、ないな。

というか、普通の大学ならあるかもしれないけど
イギリスの「音大」に来てる学生のノリ。にはない気がする。

楽しそう♪

まるのへや。 気持ちいいchillhopはこれ。 Vol.1

chillhop  
いろんなタイプがあるけど、私はこのアライグマのシリーズが一番好き。
特に、このspring とお魚が出てくるsummer バージョンは、
打ち込み音の「うねり」が少なくて好き。

うねりは時々音程もうねらせてるから
音が引っかかって外れているように聞こえて

音程を自分の体で作る職業の
私としては、居心地がちょっと悪い。

まあ、それも、今な感じで、いいんだろうけどね。


寝起きにかけたり
お昼の作業の時にかけたり
夜寝る前にかけたり

何気に良いな。



ちなみにこちらのアーティストは

オランダはロッテルダムを拠点とする、28歳のBasが運営するChillhop Music。
ChilledCowと並んでLo-fi Hip HopのYouTubeストリーミングを最初に始めたチャンネルのひとつでもあるらしい。

 

今日も楽しく、期間限定対面レッスン♪


「さて出番だ!」 って事で、3月より用意していたフェイスガード登場。

あの頃は、何もそこまで。
と皆さんに言われつつも、やっぱり必要なアイテムでありました。

短い夏を、安全な環境で、レッスン楽しみませんか?

やっぱり、楽しいですよ♬

グレープフルーツセグメント♪ イギリスごはん


おいしい朝ごはんが大好きです。
自分で作るのも、外へ食べに行くのも。

イギリス各地を放浪していた頃、BandBでの楽しみって
やっぱり典型的なイングリッシュブレックファースト!

ホテルでは朝からたらの燻製とかコース料理?
ぐらいのノリで出てくるのだけど
私は宿のお母さんが作ってくれる様な
典型的な田舎のスタイルが好き。

旅に出れないときには
All  day breakfastというものが
グリーシーカフェのメニューにあるので、
(労働者が行く、本当に安いカフェ。
油汚れでギトギトなので、こう呼ばれる)

時々、勇気を振り絞って入っていた。

周りはタトウーで彩られた、
労働者のおっちゃんばかりなので!

下手したら、店主もそんな人。

イギリス人でも殆ど入らないから、
東洋人の女子は珍しくて、向こうがびっくりしてたけど
まあ、あまり危険ではない地区を選んで食べてたりしてたし
大丈夫だったのだけど!


ロンドンだけではなく、様々な地方やレヴェルによって
中身が違いますが
とにかくおいしいのが

ベーコン!

日本のと違って、ハムとベーコンの間みたいな感じ。
脂肪が少なくて、分厚くて。

焼きトマト!

トマトを焼いたらこんなに美味しいなんて‥
なので、私はトマトはサラダに入れるより、よく焼きます。


そしてそして…
ハマりまくったのは

グレープフルーツセグメント!!!!


グレープフルーツのシロップ漬けなんだけど
セルフのシリアルとかジュースの横に
ドーンとボウルに入れておいてある。
それを取り分けて、自分のテーブルへ運び
プレートが来るまで食べて待ちます。

朝、窓きわの席とかで朝日がさしている中
ガラスの器に入った
この黄金のシロップ漬けがキラキラと輝いているのを見ると
とてつもなく幸せなのである。


で、日本でも探すのだけど、
業務用とかアマゾンとかじゃないと手に入らないみたい。


何が好きかというと、やっぱり、
プルプルとした「身」がドカドカあるところで
自分でグレープフルーツを剥いて作るのだけど
2個剥いてフサを取ると
手がシワシワになる

けれど

やめられずに毎回30分くらい
むきまくって食べています。

ルビーのグレープフルーツだったら
シロップも要らないくらい甘いので
オススメです!


ページトップボタン