ブログ

カテゴリ「 歌のレッスン 」の一覧

2018年度、生徒さんの発表会

2018.08.03. | 



過日になりましたが、歌の発表会終了いたしました!


生徒さんの発表会を大阪俱楽部でするのでご一緒にいかが?
と、とあるピアノの先生にお誘いいただき、

うわー、大阪俱楽部。
由緒ありすぎで
お借りするのにとても手が届かない大阪俱楽部!

その昔、イギリスの紳士クラブを模して作られた
会員制レトロビル!!



「嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します!」

と、生徒さん(希望者)と共に参加致しました。

 


私の発表会ポリシーというか、コンセプトは

「私のレッスンに来てくださるからこそ。の、滅多にできない経験。」


というわけで

初回は贅沢にもチェンバロ伴奏をプロの方にお願いし、
コンサートホールのような、サロンにて。


第二回目は、小さなホールですが
ホールらしいホールで。

曲目によってピアノ伴奏、ギター伴奏、プロの方にお願いしました。

持ち時間の中で、二つの楽器と交互に演奏するのは、
簡単な事に思えますが
実はオーガナイズもとても大変だし、
そのような機会はなかなか持てませんので
パズルのように組んでゆく、裏方仕事も結構大変でした。
いい思い出ですが!



そして、今回は
大阪俱楽部〜!

 

気が進まなかったら出なくていいよー!
クラシックだけでなくて、好きな曲歌っていいよー!
でも、会であなたの良さが一番出るようにアドヴァイスはするよー!
アドヴァイスしなくてもいい、という希望だったら、しないよー!

とか言っているような、
基本、生徒さんの意思尊重で動く発表会しかしたくないので
経費もギリギリまで抑えたり、なんだかんだで

こちらは素晴らしいお値段ですし
自力では借りれない夢のような場所でした。



本当に良い人脈と機会に恵まれて、
本当に感謝でした。

このような場所で演奏できるのは
何よりも生徒さんにも得難い経験になったと思います。








 

 

 

 

講師としての私の役目は、生徒さんの強力なサポーター♪

昨日改めて気がついたのだけど、
やっぱり私のレッスン、ただ「歌うだけ」には注目してないなあ!


歌の技術が欲しい方へは、私ができる最高の技術を。

体の技術が欲しい方へは、歌手だから研究、実践できた複合型の独自のメソッドを。

 

人間として最も大切な「感情」を「歌」で探検したい人は

その入り口をご案内したいと思っている。

 


思えば
自分の看板を立ててレッスンを行って十数年、
助走も入れると二十年以上になります。


若い頃から一貫して、そのような気持ちだけは変わらないな、と気がつきました。

1分、1秒、色んなことは移り変わってゆくのに。




人間にとって、「楽器を通さず歌う」ことは本能の一つです。



だから、私は自分がやってること、
日本の便宜上
音楽教室、とか、声楽レッスンとか、書いていますけど


そんな軽い言葉に、自分では思えないのかもしれません。

 

大体
「音楽が上手に出来る技術」だけを伝える、とか思っていない。

本人のやりたいことをサポートする方法として

これやると絶対いいよね!

は死ぬほど言うけど。






それぞれが、ほんの少しでも

最終的に

ご自分の力で

自分の望む姿に成れればいいと思う。

 


講師としての私は、生徒さんの強力なサポーターでありたい。


なので、レッスン中には、疑問、質問、遠慮せずに
どんどんしてくださいね!


私で答えられることは、全部お答えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップボタン