ブログ

イギリスLIFE③ まるティンって、誰? 

2017.12.30. | 

ロンドンのカウントダウン。
新年がホントに嬉しいのねえ! という爆音と花火、お祭り騒ぎです。

私のオススメは
The blackfriar駅で下車してLondon eye方向を見る。かな。
丁度テムズ川がカーブしているので、見晴らしが良いのです☺︎



年末、友人のパーティからの帰り、
地下鉄に乗っていたら、ものすごい爆発音がしたので

事故?
迂回しないと帰れない!?

と、急遽途中下車して外へ出たら、テムズ川の空一面に花火!

なかなか良いものです。
冬の花火も。



何末年始は地下鉄が安かったか、無料だったか忘れてしまったけど
あちこちで皆パーティしていました。

大学院だったから、他に社会人の音楽関係者も結構来ていて
20代後半から40代くらいの集まりで
大人な感じなのかな?と思っていたら

スーパーで買ったお惣菜とかスナックとか
主催者の謎の料理とか(美味しかったけど!)

つまんで飲んで、うじゃうじゃ話して、
知らない人も沢山来ているから、ミニ社交場。

いろんな部屋でみんなくつろいでて
トピックスも違うし
紹介、紹介、英語、英語、頭がパンク状態。

 

でも、彼らもそんな感じみたいで
(もちろん、違う意味で)
ワインもどんどん空いて行くし
皆酔っ払ってヘロヘロなんだけど

紹介だけはいきなり正気になって
きっちりする。という…

そういうとこ、イギリス人気質だなあ、ってよく思っていた。


イギリス人A:   彼女は 
「アキーこお まるティン!」だよ。

イギリス人B:そう、彼女が
「アキーこお まるティン!」なのね!

イギリス人C:そうか!君が

「アキーこお まるティンか!」宜しくね♡

 

酔いが回って真っ赤な顔で、礼儀正しい笑顔で断言されると
訂正するのも面倒になって

「もう、それでいいです…」

で、次に素面であった時に、当然名前を間違える。
ちょっぴり恥ずかしい状態で、お互いモジモジ…
になるのは、わかっているのだけど。

 

 

ロンドンでの年末のパーティは
私が経験した感じでは
年末は意外とポライトでライトなお付き合い。

クリスマスディナーの方が
しっかりと向き合っている感じ。

 

いずれにせよ、日本とは違う感覚でした。


伺われる方は、手土産もそんな感じで持っていかれるといいと思いますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップボタン