ブログ

カテゴリ「 旅 」の一覧

2017クロアチアへの旅② ドブロブニク

2017.08.02. | 

最終便でドブロブニク空港へ着いた。

市内までバス移動、


えっ、カードもユーロも使えない!

クロアチアクナのみ。

 

情報では、ユーロとクナが使えるとのことで

銀行のキャッシングも最近は少々怖いし

マネーカードを作り、ユーロとドルをキープしていたのだけど。

 

何と、空港のATM はクナの引き出しができず全滅だったので、

諭吉さんを窓口で両替…凄まじいレートでした。忘れたけど。

 

最終便だったので、窓口も閉まりそうで焦りました。


旅のポイント②

ヨーロッパでマイナーな貨幣、そして、ネットなどで妙に情報が少ない場合、

日本円を保険がわりにたくさん持ってゆきましょう。

できれば、飛行機の最終便は避けましょう。

といっても、それしかなかったのですが。

 

 

そしてこの日、海外旅行で初めて眠れぬ夜を過ごすことになります。

ぼんやりしてた私も悪いのだけど

何とホテルが 現金払い!!!



諭吉さん1枚では足りないし、これから2週間の食事や、移動のバス代や

(帰りの飛行機は遠く離れたザグレブからだし)

このまま現金が手に入らなかったら…

 

今晩しかホテルにも泊まれないし、ご飯も食べれない。

とりあえず飛行機チケット購入はカードが使えるから、空港まで行って空港野宿!?

 

っていうか、宿代払ったら、空港までバス代ないし(現金しかダメだし)

こんな調子なら、タクシーもカード使えないだろうし。

空港まで十数キロ歩くの?



無理。

体感温度40度超えてるのに、お水すらもカードで買えないのに。

道で倒れている自分が想像できる…

 

 

うわ、私、日本へ帰れるの?←1時間前に来たばかりなのに

 

 

という感じで、現金が手に入らないって事実を目の前に、

明日は野宿か、どうやったら日本に帰れるのか。

ルートや方法を考えて、考えて。

まあ、明日他のATMを探すしかない。

 

 

とにかく、次の日は野宿かもしれないし

日本を出てすでに27、8時間、チェックアウトまで5時間。

深く短く眠るためにメラトニンを飲んで、この日は強制終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017クロアチアへの旅① 恐怖のスルー便

2017.08.02. | 

忘備録として。

ガイドブックは基本見ないので
(見ても私が行きたいところ、したいことは載っていない)

+アルファの情報としてお役に立てれば良いかも。

 

*****

チケットはKLM+クロアチア航空

関空→アムス→プーラ→ドブロブニク

この間はクロアチア国内を船、バスで北上

ザグレブ→アムス→関空

 

問題点はプーラ(クロアチア)での乗り換え。

50分。


KLMのカウンターで詳細を聞いても、

「荷物はダイレクトにドブロブニクまで行く。

しかし、飛行機はそのままか、乗り換えか分からない。

現地対応で。

入国審査は多分アムスじゃない?」

 

 

えー? それはないと思うけど。

入国審査、一体どこ!?

50分で飛行機降りずに入国審査? それとも最終地点で? まさか?

 

*****

答え。

プーラで機内アナウンス

「乗客は全員一旦降りるように」

以上。


見よう見まねで歩いて行ったら、入国審査へ着いた。

これも壁に矢印があるわけでなく、説明があるわけでなく。

 

終わったら

直接スーツケースが出てくるターンテーブルへ通される。

ここで、受け取るのかな?

 

しばし、考える。

荷物はダイレクトにドブロブニクまで行くと行っていたような…

 

 

ハッと気がつき、

荷物よりも自分が飛行機乗らなくっちゃ!


 

再搭乗はどこ?

と制服を着た人に走りより、手当たり次第聞く。

多分、あっち、と言われる。←係員も適当。

 



走る。

そこでやっと「ドブロブニク行き?」と手招きされる。

 

 

そして、再度、荷物検査。←まさかの、時間ないのに!!



で、階段降りて、搭乗口まで地上を走る。

ここまで乗っていた同じ飛行機に再搭乗する。

 

 

 

アムスからプーラへの到着が30分遅れたので、

遅延のアナウンスもなく、遅れをここで取り戻し、定刻に離陸。

この時間、わずか20分。

 

 

あと3分、ぼーっと荷物のターンテーブルのところにいたら

完全に飛行機に置いてかれていた…

 

 

 

 

KLMの日本、アムスの地上カウンタースタッフ、スチュワーデスも

「知らないわねえ。このパターン。」

と言われてしまった、この乗り換え。


 

多分、スルー便。と呼ばれるものみたいです。

一生懸命ヒアリングしたところ。

 

自分でチケット買うとこうなります。

 

結果、冷や汗スリルと、空港での野宿を経験したくない方は

 

 

個人旅行のチケットの買い方のコツ①

乗り継ぎも含めて一つの航空会社で統一する。

旅行会社でとっとと手配してもらう。

 

が良いのかもしれません。

それにしても、

ローカル便は情報が上がってこないので、怖いです。

が、日本人が使わないルート(やっぱり私一人だった)

今回は特殊な例だと思いますので、旅のご参考までに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップボタン