ブログ

カテゴリ「 レッスン〜ポップス編〜 」の一覧

丸谷声楽レッスン② 大丈夫。腹筋の呪いは発想の転換をすればいいだけ!

 

歌のレッスンは楽しい。

コツをお伝えして十数年たちましたが
飽きることがないです。

生徒さんに向かい合い
その方の癖や骨格をレッスンで見ていると
毎回、その方に合う(と思われる)アドヴァイスが降ってきます。

 

骨と筋肉を連動させる歌い方。

根本からごっそり
その方の能力を引き上げることを目標にしています。



腹筋がね〜うまくできないんです。とか。

そんなの、あまり考えなくていいです。
連動がうまくいけば
勝手にできますよ☺︎



変な腹筋神話っていうか
腹筋の呪いから早く皆さん解放されてほしい。

じゃないと、いつまでたっても
歌ってつまんないもので終わってしまう。


もう、結構、呪いかも (笑

歌における日本の腹筋の使い方は
結構誤解されて伝わっていると感じます。

 



本当はね
できないって、悪いことじゃないんですよ。

できる事が解るきっかけですから。

だから
「できない…」って落ち込まないでくださいね!



その時点のご自分の身体と心で

一番いい方法でできるように

サポートします☺︎☺︎


 

 

 

 

「声と身体」の丸谷レッスン 〜英語の発音のコツ〜ポップス編①

今日のサンプルはSuperfruit のImaginary Parties!

******



朝起きて、コーヒーを淹れて

ぼーっとした頭でsuperfruitsを聞いてお出かけの支度をしていると

Happyでuplift、

いい日になりそう!

という気になります。

 

 

最初聞いた時に、

歌、うま〜!……い!!!

 

声もいいのですが、もっといい人はいる。

(いい声に聞こえる理由。という話はまた今度します。)

 

ピッチがパーフェクトに近いのは、録音の場合はお直しもあるだろうし。

(ミッチもスコットも、本当に生歌も凄いのだけどね! そこはポップスの都合上。)

 

 

じゃ、何が「上手い」と感じさせるのか?


このポイントは

メロディの頭にビシッと発音が乗ってること。

トップクラスのアカペラ出身の強みですね。

 

******

 

英語がどうしても日本語英語になっちゃって、お悩みの方へ。

ポップスにもいいお手本いっぱいあります。

(しっかり誰をお手本にするか、目的によって選ばないといけませんが)



スーパーフルーツの二人みたいに、

しっかり、クリアに、カッコよく英語の歌を歌いたい方、

レッスン、ご相談ください。

その方の骨格、筋肉で一番上手くゆくポイントで、レッスンします。

 

イギリスで専門に学んだ音声学の見地から、

マイク使わない生身の歌手の技術から、


結果出します!

 

 

ページトップボタン