ブログ

カテゴリ「 イギリスLIFE イギリスごはん 」の一覧

グレープフルーツセグメント♪ イギリスごはん


おいしい朝ごはんが大好きです。
自分で作るのも、外へ食べに行くのも。

イギリス各地を放浪していた頃、BandBでの楽しみって
やっぱり典型的なイングリッシュブレックファースト!

ホテルでは朝からたらの燻製とかコース料理?
ぐらいのノリで出てくるのだけど
私は宿のお母さんが作ってくれる様な
典型的な田舎のスタイルが好き。

旅に出れないときには
All  day breakfastというものが
グリーシーカフェのメニューにあるので、
(労働者が行く、本当に安いカフェ。
油汚れでギトギトなので、こう呼ばれる)

時々、勇気を振り絞って入っていた。

周りはタトウーで彩られた、
労働者のおっちゃんばかりなので!

下手したら、店主もそんな人。

イギリス人でも殆ど入らないから、
東洋人の女子は珍しくて、向こうがびっくりしてたけど
まあ、あまり危険ではない地区を選んで食べてたりしてたし
大丈夫だったのだけど!


ロンドンだけではなく、様々な地方やレヴェルによって
中身が違いますが
とにかくおいしいのが

ベーコン!

日本のと違って、ハムとベーコンの間みたいな感じ。
脂肪が少なくて、分厚くて。

焼きトマト!

トマトを焼いたらこんなに美味しいなんて‥
なので、私はトマトはサラダに入れるより、よく焼きます。


そしてそして…
ハマりまくったのは

グレープフルーツセグメント!!!!


グレープフルーツのシロップ漬けなんだけど
セルフのシリアルとかジュースの横に
ドーンとボウルに入れておいてある。
それを取り分けて、自分のテーブルへ運び
プレートが来るまで食べて待ちます。

朝、窓きわの席とかで朝日がさしている中
ガラスの器に入った
この黄金のシロップ漬けがキラキラと輝いているのを見ると
とてつもなく幸せなのである。


で、日本でも探すのだけど、
業務用とかアマゾンとかじゃないと手に入らないみたい。


何が好きかというと、やっぱり、
プルプルとした「身」がドカドカあるところで
自分でグレープフルーツを剥いて作るのだけど
2個剥いてフサを取ると
手がシワシワになる

けれど

やめられずに毎回30分くらい
むきまくって食べています。

ルビーのグレープフルーツだったら
シロップも要らないくらい甘いので
オススメです!


8/2 心斎橋 薫るイングランド





8月の大阪、心斎橋のコンサートは、
私の専門でもあるイギリス語を中心にバロック音楽を歌います。

前半は、イギリスの様々な四季の風景、営みを、
滅多に演奏されない貴重な曲を織り交ぜて表現します。



イギリス留学中、様々な場所へ行きました。
近郊の小さな町、住んでても訪れる機会がない町。

中でも好きだったのが
リッチモンド。


当時の私のフラットはロンドン中心部から見て東
リッチモンドは西だったので
1時間以上はかかった気がするのですが

朝のんびり出発して、
お天気の良い日は川沿いのパブのテラスで
すぐ目の前を泳ぐ水鳥を眺めながら
ジャケットポテトを食べて
「平和だなあ、でも、白鳥って声可愛くない…」
とか、半分うつらうつらと過ごし

夕方にかけて
アンティークやセレクトショップを
(丘沿いの道にポツポツある)
お散歩しながら
リッチモンドヒルの公園で休憩

「テムズ川、いい眺めだわ…」

昔ながらの眺めが良い住宅地は
あまりにも居心地が良く。

お家賃高いんだろうなあーと思っていたら
ミック・ジャガーの家が近所にあったらしい。

ミック、あんな風に突散らかしてても、
やっぱり最後はこういうとこ選ぶんだなあ。

と、変な関心をしながら、何度ものんびりしに行きました。


そんな魅力のある町を題材にした歌があるので、
そちらも歌ってみようかと。

もしかすると、日本では初めて演奏される曲かもしれませんが、
私はこういうのも楽しい!






後半は、
イギリスとイタリアの女性はそれぞれ「恋と愛」に何を感じていたのか?
をテーマに、

素晴らしいパーセルと、
当時非常に珍しい存在である、イタリア女性作曲家の作品を取り上げます。

なんとなく、は、皆さんご想像がつくかもしれませんが
実際に聞いたり、演奏してみると、
人間の「質感」が本当に違う。
これを、絵とか、本当じゃなくて
耳で聞く音楽で感じれるなんて

面白い。

そしてこれは素晴らしい楽曲です!
最初にこの曲をロンドンで聞いた時、私は衝撃を受けました。




私自身も本当にワクワクするコンサートばかり、前半に固まってしまい、8月以降のスケジュールは真っ白なので一旦、8月で燃え尽きる予定でおります。

是非、晴らしい音楽の世界をお楽しみくださいませ!


イギリスごはん:衝撃の鯖カレー!

昨日、ひもの野郎(お店の名前)の〇〇さんと、某お食事会でお隣の席でした。

 

その時、ロンドンの変な食べ物で1番衝撃だったメニューのお話をして
自分の「イギリスごはん」ブログを思い出し、久々にブログ更新。

 

 

 

実は、私、鯖の塩焼きが大好きなんです!


☆先日のランチ!



特に、灰干しとか…

旨味がギューっと、ああ、また食べたくなってきた…



そして、カレーも大好きなんです!


☆これまたお気に入りのカレー屋さん

 

 

 


歌のレッスンの帰りとかに

もーサンドイッチ嫌!

ちゃちゃっとお米が食べたいのよ!!

 



と怪しい日本食のお店のメニューを見ていたら

 

mackerel curryの文字。
「mackerelって……鯖だよね?」

 

 


「え、鯖? 鯖カレー…!?」

 

 

 

 

俄然ワクワクしてきてオーダー♪




そうしたら

普通の鯖の塩焼き(ヨレヨレ)が


ボンカレーの上に
どーん。
と乗って出てきた…




いやあ、ボンカレーって、当時のロンドンでは神様ご飯なのですよ!

これを見つけると、在英日本人、ウヒョウヒョ踊り喜びます!!

鯖の塩焼きも、少々ヘニョヘニョでも

涙を流して喜んで食べます!



しかし。



ヘニョヘニョ鯖の縞模様とカレーの色で凄まじい破壊力。


さすがに完食ならず。

 

 

中国系日本食レストラン、

チャレンジ精神は素晴らしい!



そして

「美味しいもの×美味しいもの=むちゃくちゃ美味しいもの」

は成り立たない。

と分からせてくれて有難う…

 

今もあるのかなあ、鯖カレー。




バッチ レスキューレメディ

この度の地震により、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

地震の直後、呆然としていた時に
レスキューレメディが机の上に置いてあるのに気がつき
口腔内にスプレー。

随分早く、我にかえる事ができました。

 

大人の私でさえ、このような状況だったので、
恐怖を的確に口にして発散できない小さなお子さん、
言葉が喋れない猫ちゃんや、ワンちゃんなど
どんなに怖かった事でしょう。



これは、全ての生き物、(もちろん植物にも)に有効なレメディで

主にパニック状態の時に使ってあげてください。

早ければ早いほど
トラウマになりにくくしてくれます。

 

最初にイギリスに行った頃から、もう20年位愛用しています。

写真のものは、去年、どこかの空港の薬局で買ったものですが

今はアマゾンや
楽天などでも買えます。

外に出かける余裕がおありでしたら
アロマオイル(マッサージに使えるレヴェルのもの)を
販売しているお店をのぞいてみてください。
時々見かけます。

 

色んな会社から発売されていますが

この黄色いラベルの
老舗の
バッチ社の
レスキューレメディ

が私のオススメです。




余震の心配もあります。

だからこそ、早めの心のレスキューも
ご自分にも、
大事なご家族にもなさってあげていただけたら、と思います。




声がよく出る姿勢×楽しい+アロマオイルでレッスン

歌う。スピーチする為の立ち方=よく通る声が出る立ち方。は実際に在ります。

早い方法として、私のレッスンでは「足の裏に注目!」です。

簡単、楽しい、気持ち良い♪ を形にしました。

色々と理論を書くこともできますが、
机上の書面と、実技とでは、効果ははゴマ粒とスイカほど違うし
まあ、実際やってみるのが一番!という事で

時々ですが
足の裏の授業の時は
アロマオイルを使って、歌う、話す姿勢のポイントレッスン!しています。

癒されるし、アロマのおかげで更に更に足は軽くなるし
足の構造もバッチリ頭に入るし
何より楽しいし
穏やかで豊かな時間になるし

いい事ずくめなのであります。




私がロンドン時代に愛用していたのはヴェレダのアルニカとバーチオイル。
どちらも筋肉痛やセルライトに良いそうです。

他にもたくさん種類はあるのだけど
使ってしまったり
アルニカは今、お教室に置いているので写真には写っていませんが

これを時々やると、生徒の皆さんが笑顔、笑顔♡

見てる私も嬉しいです!



 

 

 

イギリスLIFE③ まるティンって、誰? 

ロンドンのカウントダウン。
新年がホントに嬉しいのねえ! という爆音と花火、お祭り騒ぎです。

私のオススメは
The blackfriar駅で下車してLondon eye方向を見る。かな。
丁度テムズ川がカーブしているので、見晴らしが良いのです☺︎



年末、友人のパーティからの帰り、
地下鉄に乗っていたら、ものすごい爆発音がしたので

事故?
迂回しないと帰れない!?

と、急遽途中下車して外へ出たら、テムズ川の空一面に花火!

なかなか良いものです。
冬の花火も。



何末年始は地下鉄が安かったか、無料だったか忘れてしまったけど
あちこちで皆パーティしていました。

大学院だったから、他に社会人の音楽関係者も結構来ていて
20代後半から40代くらいの集まりで
大人な感じなのかな?と思っていたら

スーパーで買ったお惣菜とかスナックとか
主催者の謎の料理とか(美味しかったけど!)

つまんで飲んで、うじゃうじゃ話して、
知らない人も沢山来ているから、ミニ社交場。

いろんな部屋でみんなくつろいでて
トピックスも違うし
紹介、紹介、英語、英語、頭がパンク状態。

 

でも、彼らもそんな感じみたいで
(もちろん、違う意味で)
ワインもどんどん空いて行くし
皆酔っ払ってヘロヘロなんだけど

紹介だけはいきなり正気になって
きっちりする。という…

そういうとこ、イギリス人気質だなあ、ってよく思っていた。


イギリス人A:   彼女は 
「アキーこお まるティン!」だよ。

イギリス人B:そう、彼女が
「アキーこお まるティン!」なのね!

イギリス人C:そうか!君が

「アキーこお まるティンか!」宜しくね♡

 

酔いが回って真っ赤な顔で、礼儀正しい笑顔で断言されると
訂正するのも面倒になって

「もう、それでいいです…」

で、次に素面であった時に、当然名前を間違える。
ちょっぴり恥ずかしい状態で、お互いモジモジ…
になるのは、わかっているのだけど。

 

 

ロンドンでの年末のパーティは
私が経験した感じでは
年末は意外とポライトでライトなお付き合い。

クリスマスディナーの方が
しっかりと向き合っている感じ。

 

いずれにせよ、日本とは違う感覚でした。


伺われる方は、手土産もそんな感じで持っていかれるといいと思いますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップボタン