ブログ

カテゴリ「 イギリスLIFE 」の一覧

8/2 心斎橋 薫るイングランド





8月の大阪、心斎橋のコンサートは、
私の専門でもあるイギリス語を中心にバロック音楽を歌います。

前半は、イギリスの様々な四季の風景、営みを、
滅多に演奏されない貴重な曲を織り交ぜて表現します。



イギリス留学中、様々な場所へ行きました。
近郊の小さな町、住んでても訪れる機会がない町。

中でも好きだったのが
リッチモンド。


当時の私のフラットはロンドン中心部から見て東
リッチモンドは西だったので
1時間以上はかかった気がするのですが

朝のんびり出発して、
お天気の良い日は川沿いのパブのテラスで
すぐ目の前を泳ぐ水鳥を眺めながら
ジャケットポテトを食べて
「平和だなあ、でも、白鳥って声可愛くない…」
とか、半分うつらうつらと過ごし

夕方にかけて
アンティークやセレクトショップを
(丘沿いの道にポツポツある)
お散歩しながら
リッチモンドヒルの公園で休憩

「テムズ川、いい眺めだわ…」

昔ながらの眺めが良い住宅地は
あまりにも居心地が良く。

お家賃高いんだろうなあーと思っていたら
ミック・ジャガーの家が近所にあったらしい。

ミック、あんな風に突散らかしてても、
やっぱり最後はこういうとこ選ぶんだなあ。

と、変な関心をしながら、何度ものんびりしに行きました。


そんな魅力のある町を題材にした歌があるので、
そちらも歌ってみようかと。

もしかすると、日本では初めて演奏される曲かもしれませんが、
私はこういうのも楽しい!






後半は、
イギリスとイタリアの女性はそれぞれ「恋と愛」に何を感じていたのか?
をテーマに、

素晴らしいパーセルと、
当時非常に珍しい存在である、イタリア女性作曲家の作品を取り上げます。

なんとなく、は、皆さんご想像がつくかもしれませんが
実際に聞いたり、演奏してみると、
人間の「質感」が本当に違う。
これを、絵とか、本当じゃなくて
耳で聞く音楽で感じれるなんて

面白い。

そしてこれは素晴らしい楽曲です!
最初にこの曲をロンドンで聞いた時、私は衝撃を受けました。




私自身も本当にワクワクするコンサートばかり、前半に固まってしまい、8月以降のスケジュールは真っ白なので一旦、8月で燃え尽きる予定でおります。

是非、晴らしい音楽の世界をお楽しみくださいませ!


イギリスごはん:衝撃の鯖カレー!

昨日、ひもの野郎(お店の名前)の〇〇さんと、某お食事会でお隣の席でした。

 

その時、ロンドンの変な食べ物で1番衝撃だったメニューのお話をして
自分の「イギリスごはん」ブログを思い出し、久々にブログ更新。

 

 

 

実は、私、鯖の塩焼きが大好きなんです!


☆先日のランチ!



特に、灰干しとか…

旨味がギューっと、ああ、また食べたくなってきた…



そして、カレーも大好きなんです!


☆これまたお気に入りのカレー屋さん

 

 

 


歌のレッスンの帰りとかに

もーサンドイッチ嫌!

ちゃちゃっとお米が食べたいのよ!!

 



と怪しい日本食のお店のメニューを見ていたら

 

mackerel curryの文字。
「mackerelって……鯖だよね?」

 

 


「え、鯖? 鯖カレー…!?」

 

 

 

 

俄然ワクワクしてきてオーダー♪




そうしたら

普通の鯖の塩焼き(ヨレヨレ)が


ボンカレーの上に
どーん。
と乗って出てきた…




いやあ、ボンカレーって、当時のロンドンでは神様ご飯なのですよ!

これを見つけると、在英日本人、ウヒョウヒョ踊り喜びます!!

鯖の塩焼きも、少々ヘニョヘニョでも

涙を流して喜んで食べます!



しかし。



ヘニョヘニョ鯖の縞模様とカレーの色で凄まじい破壊力。


さすがに完食ならず。

 

 

中国系日本食レストラン、

チャレンジ精神は素晴らしい!



そして

「美味しいもの×美味しいもの=むちゃくちゃ美味しいもの」

は成り立たない。

と分からせてくれて有難う…

 

今もあるのかなあ、鯖カレー。




ページトップボタン