ブログ

カテゴリ「 イギリスごはん 」の一覧

イギリスごはん:衝撃の鯖カレー!

昨日、ひもの野郎(お店の名前)の〇〇さんと、某お食事会でお隣の席でした。

 

その時、ロンドンの変な食べ物で1番衝撃だったメニューのお話をして
自分の「イギリスごはん」ブログを思い出し、久々にブログ更新。

 

 

 

実は、私、鯖の塩焼きが大好きなんです!


☆先日のランチ!



特に、灰干しとか…

旨味がギューっと、ああ、また食べたくなってきた…



そして、カレーも大好きなんです!


☆これまたお気に入りのカレー屋さん

 

 

 


歌のレッスンの帰りとかに

もーサンドイッチ嫌!

ちゃちゃっとお米が食べたいのよ!!

 



と怪しい日本食のお店のメニューを見ていたら

 

mackerel curryの文字。
「mackerelって……鯖だよね?」

 

 


「え、鯖? 鯖カレー…!?」

 

 

 

 

俄然ワクワクしてきてオーダー♪




そうしたら

普通の鯖の塩焼き(ヨレヨレ)が


ボンカレーの上に
どーん。
と乗って出てきた…




いやあ、ボンカレーって、当時のロンドンでは神様ご飯なのですよ!

これを見つけると、在英日本人、ウヒョウヒョ踊り喜びます!!

鯖の塩焼きも、少々ヘニョヘニョでも

涙を流して喜んで食べます!



しかし。



ヘニョヘニョ鯖の縞模様とカレーの色で凄まじい破壊力。


さすがに完食ならず。

 

 

中国系日本食レストラン、

チャレンジ精神は素晴らしい!



そして

「美味しいもの×美味しいもの=むちゃくちゃ美味しいもの」

は成り立たない。

と分からせてくれて有難う…

 

今もあるのかなあ、鯖カレー。




イギリスごはん② イギリス人も好きなのね!

2017.10.22. | 

 

今日みたいな雨の日。

 

イギリス生活で一番お世話になった
「イギリスごはん」は

実はカレーかもしれない。

コルマ、ティッカマサラが好きだったなあ。

ティッカマサラは週末によく作ってた。
そして、このカレーはイギリス生まれらしい!



外せない材料は
生姜、チキン、生トマト、ヨーグルト。
あとは
スパイス適当。
クミン、ターメリック、ガラムマサラ、コリアンダーとか。

本当は辛くないカレーなんだけど
私はカイエンペッパーも入れていた。

面倒な時は、瓶のペーストに頼ったけど
やっぱり生トマトが美味しい!


院生生活の中で、課題もどんどん難しくなり
学校で21時まで粘ってやっても間に合わない。
帰ってフラットでごはんを作る気力もない〜

特に最初の一年目は
ケンブリッジの大学教授の家に居候していたので、
夜遅くにキッチンで料理、というのがなんとなく気が引けて。

などなど、様々な理由から
いつしかレンジでチンがお約束。


で、フラットへ帰るのに、雨嫌だ。と
金融街のカナリーワーフで途中下車して
駅直結のマークスアンドスペンサーへ行ったら、
あるわ、あるわ、
カレーとご飯が一緒になった冷凍食品。
棚の隅から隅まで、全部カレー!

私がよく行っていたのは、ここ
カナリーワーフの地下1階のマークスアンドスペンサー。

この右手奥に、カレーコーナーがあります。


どうも、イギリス人もカレーは大好きらしい!

私も好き!!



ということで、
初めて「食」に関して、イギリス人に親近感を抱いたのが

カレー。

なんか違う気もするけど。

 



いろんなスーパーが自社製品を、何種類も出していて
味もクオリティもまったく違う。

(スーパーの違いのお話はまた今度ゆっくりしますね)


なんだか楽しくなってきて、

色んなスーパーで何種類も買って
食べてみたところ、

 



私のお気に入りNO.1 は

マークスアンドスペンサーの
チキンティッカマサラ♪


中にカレーとご飯が真ん中で仕切ってあって、
冷凍してあります。


はっきり言って、
美味しい冷凍食品はこれだけだった。

あ、あとはタラのクリーム煮ぐらいかな。

 

それとは別に
イギリスのカレーは、ほか弁みたいな扱いもされていて、

私も冷凍食品に疲れたら、
謎のインド人のテイクアウェイのカレーを買って帰ってた。

 



銀のアルミの器に適当に押し込められた
ごはんとカレー。

今思うと、怪しすぎる…し
雨の日は気持ちも侘しくなる。

カレーも片栗粉で伸ばしたような。

何が入っていたかはあまり考えたくない感じの
ルックスと味だったなあ。

でも、ロンドンの味、というと、なぜか思い出す。

夜遅く雨に濡れて帰って
寒ーいダイニングで
(暖まる頃には食べ終わっている)

プルプル震えながら食べていた
温かいだけが取り柄の
あのチープな味。

意外と覚えているものですね。

 

ページトップボタン