ブログ

オフィーリアって結構賢いと思う。(丸谷説)

2018.08.12. | 


9/9,  12/8  に、この女性の事を歌います。
ハムレットに無下にされて
入水自殺してしまうオフィーリア↑



これは丸谷説ですけど

オフィーリアって

弱くて頼りない少女と女性の間のイメージとして
描かれることが多いけど
実は結構、繊細で冷静で賢い。


賢いがゆえに、状況を深読みしすぎて
ハムレットや親や
周囲の政治情勢にも気を遣いすぎて

弱いというより
図太くなくて(まあ、普通に)
精神が崩壊してしまった気がする。

シェイクスピアは色々な角度から
深読みしても、深読みしても限りない。




そんなオフィーリアを
ルネサンスとバロックの両方から歌う試み。

ふふふ、結構オリジナルなのだ。




リハをしていると

改めて、私、やっぱり数十秒の間にコロコロと人格が変って
心も身体もがふっ飛べる「マッドソング」が 大好きなのである。

思考と感情と技術を組むのが楽しくも悩ましい期間を越えたら
私の目の前に広がる曲の世界が劇的に変化する。

その時間を全力で生きる曲の主人公と
自分がリンクする瞬間全てがたまらない。



今回は

オフィーリア(Walsingham)と
ベス(Bess of bedlam)と

どこまでリンクできるか楽しみである。




私の感情表現は「演技」ではなく全て「自分の中にあるもの」。

 



歌の練習で様々な感情をこってり絞り出すものだから
普段はかなり枯れている。


何してたっけ?
何言おうとしてたっけ?

とか日常茶飯事。



最近は老化もあるしね。

若干、最近の自分のボケっぷりが怖かったりする…


マッドソング、歌います↑

お問い合わせは
am@musicavalon.com

または
Contactページからどうぞ!

 

2018年度、生徒さんの発表会

2018.08.03. | 



過日になりましたが、歌の発表会終了いたしました!


生徒さんの発表会を大阪俱楽部でするのでご一緒にいかが?
と、とあるピアノの先生にお誘いいただき、

うわー、大阪俱楽部。
由緒ありすぎで
お借りするのにとても手が届かない大阪俱楽部!

その昔、イギリスの紳士クラブを模して作られた
会員制レトロビル!!



「嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します!」

と、生徒さん(希望者)と共に参加致しました。

 


私の発表会ポリシーというか、コンセプトは

「私のレッスンに来てくださるからこそ。の、滅多にできない経験。」


というわけで

初回は贅沢にもチェンバロ伴奏をプロの方にお願いし、
コンサートホールのような、サロンにて。


第二回目は、小さなホールですが
ホールらしいホールで。

曲目によってピアノ伴奏、ギター伴奏、プロの方にお願いしました。

持ち時間の中で、二つの楽器と交互に演奏するのは、
簡単な事に思えますが
実はオーガナイズもとても大変だし、
そのような機会はなかなか持てませんので
パズルのように組んでゆく、裏方仕事も結構大変でした。
いい思い出ですが!



そして、今回は
大阪俱楽部〜!

 

気が進まなかったら出なくていいよー!
クラシックだけでなくて、好きな曲歌っていいよー!
でも、会であなたの良さが一番出るようにアドヴァイスはするよー!
アドヴァイスしなくてもいい、という希望だったら、しないよー!

とか言っているような、
基本、生徒さんの意思尊重で動く発表会しかしたくないので
経費もギリギリまで抑えたり、なんだかんだで

こちらは素晴らしいお値段ですし
自力では借りれない夢のような場所でした。



本当に良い人脈と機会に恵まれて、
本当に感謝でした。

このような場所で演奏できるのは
何よりも生徒さんにも得難い経験になったと思います。








 

 

 

 

イギリスごはん:衝撃の鯖カレー!

昨日、ひもの野郎(お店の名前)の〇〇さんと、某お食事会でお隣の席でした。

 

その時、ロンドンの変な食べ物で1番衝撃だったメニューのお話をして
自分の「イギリスごはん」ブログを思い出し、久々にブログ更新。

 

 

 

実は、私、鯖の塩焼きが大好きなんです!


☆先日のランチ!



特に、灰干しとか…

旨味がギューっと、ああ、また食べたくなってきた…



そして、カレーも大好きなんです!


☆これまたお気に入りのカレー屋さん

 

 

 


歌のレッスンの帰りとかに

もーサンドイッチ嫌!

ちゃちゃっとお米が食べたいのよ!!

 



と怪しい日本食のお店のメニューを見ていたら

 

mackerel curryの文字。
「mackerelって……鯖だよね?」

 

 


「え、鯖? 鯖カレー…!?」

 

 

 

 

俄然ワクワクしてきてオーダー♪




そうしたら

普通の鯖の塩焼き(ヨレヨレ)が


ボンカレーの上に
どーん。
と乗って出てきた…




いやあ、ボンカレーって、当時のロンドンでは神様ご飯なのですよ!

これを見つけると、在英日本人、ウヒョウヒョ踊り喜びます!!

鯖の塩焼きも、少々ヘニョヘニョでも

涙を流して喜んで食べます!



しかし。



ヘニョヘニョ鯖の縞模様とカレーの色で凄まじい破壊力。


さすがに完食ならず。

 

 

中国系日本食レストラン、

チャレンジ精神は素晴らしい!



そして

「美味しいもの×美味しいもの=むちゃくちゃ美味しいもの」

は成り立たない。

と分からせてくれて有難う…

 

今もあるのかなあ、鯖カレー。




ページトップボタン