ブログ

 断捨離、こんまり、勝間和代、youtubeを見ていい感じになってきた!

2019.08.30. | 

私は職業柄

荷物が少ないカテゴリーと
非常に多いものの、差が激しい。



少なく心がけているのは部屋を「飾る」小物とか
キッチン周り

理由はモノが沢山あると管理が大変だから。



仕事用品で人より断然多いのは
ドレス、各種スーツケース
本、資料、楽譜、楽器

綺麗なお洋服は好きだから
ワンピ、アクセ、バック、ハイヒールなど



比較的暇な夏に、毎年「年末大掃除」級の断捨離をするのだけど
(年末は忙しい)

今までの断捨離では生ぬるい。と思い
(というか、整理整頓レベルだったと思うので)

今回はちゃんと学習してから開始。


結果、上手くゆくヒントが見つかったので、途中だけどシェア!

今まで、何を参考にしても「イマイチ」だった、ということは
その方法は素晴らしくても
あなたには合ってないかもしれないから。


この感想はあくまでも私の性格とメソッドの相性からくるもの。

全部、ゴールは一緒で素晴らしい事への指南書だけど
読者の好みの問題かな、
(著者の発する言葉への理解度、自分の心への響き方)
と思う。


断捨離
考え方は素晴らしいので、基本理念としてインプット。
インプットあるなしは最終結果が違うので、
そっかー。と思うのは良い事でした。

でも、私には、これだけで「気持ちよく捨てる」のは難しかった。



こんまりさん
考え方は素晴らしいので、基本理念としてインプット。

触ってキュンとしなかったら
(スパーク ジョイ ね)
さようなら。

との事。

単純なモノはこれで上手くゆく。
思入れのないものは。

でも私の場合、お洋服とかは元々好きだし、
結構悩んで買ったものが多いので
触ると逆に迷いが出て、困った。


あと、捨てる順番は衣類から、でしたが

お洋服が好きな私には
動画で見る様にはあっさりとは捨てられなかったので
いきなり挫折しそうになった。

順番を変えて
バスルーム
キッチン

という、自分のあまり思い入れがない場所からやった方が
さっさと上手く行きました。


一気に、祭りの様にやる。
というのも良かった。

そして、モノがなくなった場所で作業をすると
手順が良くなり気持ちがいい。

じゃ、他の場所も早くやろう!
と励みになりました。


勝間和代さん
この人の考え方は面白かった。
根本が経済学者さんなので、言葉や考えが端的で。

時短を意識し合理的に暮らす。
が、私には、とても参考になった。

合理的にするために
電化製品を買い足したので
断捨離ならぬ、集捨離になっちゃったけど。

でも、それは今後の私に優しい、とてもいい決断だと思う。
というとこまで考えさせてくれるメソッドでした。



結果、4つのメソッドを総合して
やりやすい手順、大事なことは

1、目標を明確にする事

何袋捨てる、綺麗にする、ではなく
どの様な空間が私は好きなのか?

広くて、物がない。

観葉植物があって、数を絞った上質なものだけ
バランスの良い
落ち着く部屋。がいい。

上質でも日常生活だから、気を遣う高価なものは必要ない



2、それをイメージして、自分の感情の整理

「スッキリが気持ち良い」が好き。
「好きなものに囲まれて、疲れない毎日」が好き。
「余裕」モノが少ないと時短になるので、気分が楽。
「幸せ」
「エネルギーを余分に使わない」体力ないから、有難い。


3、たとえ失敗しても、買い直せるものは迷ったら捨てる。

買い直せないもので迷うものだけ、一時保管箱へ
(1ヶ月保管、見なかったら捨てる)


4、ご褒美(メリット)を意識する

モノのない場所で作業をすると時短になる、
と先ほども書きましたが
これが私には結構なご褒美で、
お料理とか嬉しくなって
次もやろう!
というエネルギー源になりました。


5、メンタルへのプレゼントが必ずある

興味
これまでにない事を勉強してみようかとか、
やってみようか、行ってみようか、とか。

メンテナンス
ずっとほったらかしていた肩の治療へ行き始めました。

あとは
後伸ばしにしてた事、今しないと、と思い出した事。
これ、結構ストレスだったんですよね。
忙しすぎて見ないふりしてたけど、心に潜んでて
なんとなく毎日気分がすぐれない要因。


これを軸に、捨てる基準ができた頃から、スイスイと迷いが少なくなりました。



しかし、まだ生ぬるい。
やっぱり迷いが出る。

ということで

youtubeのミニマリストさんたちの動画をずっとかけていました。
最初は
うーん。どうだろ。味気ないな。

と思っていましたが

空間は喜び、ご馳走
という感覚がなんとなくわかってきて
背中を押してもらった感じにもなり、感謝。



実は
楽譜、資料、本、という最大の難関がまだ控えています。

一筋縄ではいかない感じですが
仕事道具が多くて困っている方へのヒントが見つかったら
また書きます!

ひとまず。


片付けではなく、捨てる。

に焦点を当てた
山下さん、こんまりさん、勝間さんのメソッドのどれかは
きっと役にたつと思います。


そして、自分好みの「広く上質な部屋」は気持ちが良い。
モノがなくなった分だけ、自由だから。

そして時短も叶った。
お風呂もお料理するのも無駄な動作が減ったし。

ということは
これまで気がつかなかったストレスがなくなった!
気持ちいいではないか!
というおまけ付き。




多分、年末まで第2期、第3期、と実行し
もっと減らすと思います。
まだね、余分にあると思うので!












ページトップボタン