ブログ

自分に戻る。歌うことの奇跡。

2018.06.24. | 


先日のレコーディングで
時間も無くなってきたし、精神、体力的な疲れもピーク。

そんな中、奇跡みたいな録音が一つ取れました。


その時は、すべて何もかも、ものすごい勢いで横に置いて
自分自身に、魂に集中できました。


あの恐ろしい状況で、あんな歌を歌うことは、もう2度とできないかも。



とにかく、この録音の仕方は修正ができない。
それがプレッシャーで、プレッシャーで。


歌は楽器と違って、

発音で、表現で、感情で、一つの音程が何万種類へ変化します。

それをまた伴奏楽器と、その瞬間瞬間で合わせてゆくという…

 

技術に傾くと、表現の自由は阻まれ
表現に傾くと、CDにはならない。


楽器は楽器の苦労があるのはわかるけど、
心から羨ましいのは、
「ド」の音の場所に触れれば「ド」の音がダイレクトに出ること。

あ、リコーダーとかは違いますけど。
まあ、ピッチを作る穴がちゃんとあるので、歌よりは区分けされています。

 


体そのものが楽器。

時間や疲労によって声は
朝と夜の録音では、声はどんどん変わってゆくし。

とにかく、変化が激しい大変な楽器なのです。



でも、それだからこそ

言葉と音楽とのバランスのハードルがシビアな唯一の楽器。
全ての人が平等に持っている楽器。

人間の声はものすごいエネルギーの塊なのだと思います。



確かに、あの瞬間は奇跡だったなあ…







 

 

 

ページトップボタン